あなたは番目のお客さまです





 ボタンの色と
    ページの関係

最近おかしくないですか?!
ここがおかしい共産党
よもやま話
大阪府委員会
高槻市委員会
さざ波通信投稿分
その他

★★最新記事一覧★★

討論の広場更新しています
 平成28(2016)年9月24日

 和泉市議会選挙結果について

平成28(2016)年9月12日


中国共産党との決別を意識し始めた日本共産党
 平成28(2016)年9月11日

  箕面市議会選挙の結果について
 平成28(2016)年8月20日

 東京都知事選挙の結果は、大阪と同じ現象(改憲派が多数)が東京にも現れた
 平成28(2016)年8月4日

 赤旗記事と共産党政策のくいちがい
 平成28(2016)年7月30日

 藤野政策委員長の更迭には「憲法と自衛隊」を如何に処理するかの問題である。
 平成28(2016)年7月18日

共産党大阪府委員会のおかしな参議院選挙総括。

平成28(2016)年7月17日


 藤野政策委員長の更迭は仕組まれた芝居
 平成28(2016)年7月14日

 共産党はなぜ選挙に勝てないのか?第5弾(参議院選挙)
 平成28(2016)年7月11日

 共産党のビラが手に入らない? No.2
  平成28(2016)年7月9日

 「参議院選挙」終盤戦になっても共産党のビラが手に入らない?
  平成28(2016)年7月3日

 共産党 藤野政策委員長の更迭処分は正しいのか?
 平成28(2016)年6月30日

舛添問題は本質を見失うと、政治的に利用されてしまう
 平成28(2016)年6月18日

大阪府委員会にとって悩ましい選挙が行われた。

平成28(2016)年4月24日


 舛添問題とその背後に忍び寄る安倍首相の影 
 平成28(2016)年5月17日

小ネタ集 
 「保育所落ちた 日本死ね!」
 「経済の好循環と春闘」
 「安保法制(戦争法)
  平成28(2016)年3月20日

 共産党大阪府委員会はダブル選挙の総括を行なったのか
  平成28(2016)年3月8日

京都市長選挙の結果をどう見るか        
  平成28(2016)年2月9日

京都と大阪の共産党の地力を比較する(知事選挙の結果から)  
 平成28(2016)年1月30日

市民団体や民主党等からの批判を「反共攻撃だ!」と反撃しないことが大切  
 平成28(2016)年1月20日

問題の本質はアメリカの「核」をどう評価するかである          
 平成28(2016)年1月11日

北朝鮮の核実験に対する「志位声明」を批判する 
            
 平成28(2016)年1月7日

「慰安婦」問題日韓が合意(赤旗)の志位委員長の談話の問題点       
平成27(2015)年12月30日

根本問題は象徴天皇制は立憲君主制の一種と見るか否かである。     
平成27(2015)年12月29日

「国民連合政府」を目指す共産党の勘違い     
平成27(2015)年12月27日

 「新日和見主義」事件に対する私の感想       平成27(2015)年12月14日

パリ同時多発テロに対する志位談話は、根本的に間違っている。
 平成27(2015)年12月12日

若者と共産党の連携は可能か?
 平成27(2015)年12月12日

大阪ダブル選挙は、「国民連合政府」の提案を吹っ飛ばす程の激震であった。
 平成27(2015)年11月29日

大阪ダブル選挙と共産党の選挙総括    
 平成27(2015)年11月26日

大阪ダブル選挙、反維新候補が惨敗・・どうしてこういう結果になるのか?
 平成27(2015)年11月23日

 大阪ダブル選挙、維新派優勢の選挙情勢    

平成27年11月16日


 維新政治と戦わず、自民党の金魚の糞になった大阪の共産党      

平成27年10月22日


 日本共産党の中東政策は信じられないが完全なアメリカ寄りである 
 平成27(2015)年10月4日

 赤旗と毎日新聞を読み比べ(10月1日付)                       平成27(2015)年10月1日

 戦争法(安保法制)廃止の民連合政府の呼びかけと高槻・島本民報    
 平成27(2015)年9月23日

共産党「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現を呼びかける」 
平成27(2015)年9月21日

 安保法制:共産党 高槻・島本民報のピント外れなビラ  平成27(2015)年9月21日

 馬脚を現した共産党大阪府会議員団団長の戦争法案反対のビラ      

平成27(2015)年9月13日


 またまた おかしなビラ(戦争法案)を出した共産党大阪府会議員団長     

平成27(2015)年9月10日


 高槻・島本共産党地区委員会(?)の馬鹿げたビラ                
 平成27(2015)年9月5日

抗日戦勝利70年としんぶん赤旗          
 平成27(2015)年9月5日

「岩手いじめ自殺事件」は「大津いじめ自殺事件」と同じような様相を示してきた。   平成27(2015)年8月17日

「アメリカ帝国主義」を美化する日本共産党   
 平成27(2015)年8月9日

 東京オリンピックと共産党  平成27(2015)年7月11日

 自民党言論弾圧に対する動きと共産党の間抜けさは、他党派や一般紙を見ればよくわかる           
 平成27(2015)年6月28日

 保守との共闘の行き着く先           
  平成27(2015)年5月17日

大阪都構想」敗北と辛坊治郎氏の馬鹿げた論評
 平成27(2015)年5月31日

5.17「大阪都構想」住民投票の総括の視点は何か
 平成27(2015)年5月25日

 保守との共同は共産党をどこに導くのか
  平成27(2015)年5月17日

 喫緊の課題は、「革新の統一戦線」か「一点共闘」か?             
  平成27(2015)年5月10日

第三弾:一斉地方選挙の総括の視点・・共産党は本当に大勝したのか?   
   平成27(2015)年5月2日

一斉地方選挙で共産党は果たして大勝利を勝ち取ったのか?          
 平成27(2015)年4月27日

今回の選挙結果をどう見るか             
 平成27(2015)年3月29日

 共産党のお人好しさと橋下市長の強かさ            平成27年4月4日

 差別表現と批判された谷垣演説と共産党
       平成27年4月4日

赤旗の支離滅裂さ第三弾             
 平成27(2015)年3月29日

「大阪都構想」反対の共産党の戦い方の稚拙さは目に余る。     

     平成27年3月22日


共産党の「大阪都構想」批判の論点は完全に間違っている。        

      平成27年3月8日


安倍政権との共存が居心地がいいと判断し始めている           
 平成27(2015)年3月10日

「タカジンのマネー」での共産党府会議員の主張は間違っている        

      平成27年3月8日


 志位「声明」の愚かしさを浮かび上がらせる中学三年生の投稿(毎日新聞) 
       平成27年3月8日

 しんぶん赤旗から「イスラム国」が消えた!    
      平成27年2月23日

しんぶん赤旗の衰退は、ますます進む。    
 平成27(2015)年2月20日

大衆団体からも見放された志位「声明
平成27(2015)年2月20日

第二弾 「イスラム国」問題 しんぶん赤旗の記事は矛盾だらけ
  平成27(2015)年2月15日

 「イスラム国」問題 しんぶん赤旗の記事は矛盾だらけ              
 平成27(2015)年2月12日

 志位委員長の安倍政権支持は確信犯
  平成27(2015)年2月11日

志位委員長の「イスラム国」糾弾声明は致命的な欠陥を持つ
   平成27(2015)年2月5日

一夜にして右傾化した日本共産党
   平成27(2015)年2月2日

 志位委員長を降格させ池内沙織議員を委員長に!               
   平成27(2015)年2月1日

 gataro氏の苦悩を見れば、共産党の変質が良くわかる。  平成27(2015)年2月1日

イスラム国による殺害警告について国内世論と共産党
  平成27(2015)年1月25日

イスラム国による日本人2人殺害警告と赤旗の主張 
  平成27(2015)年1月22日

共産党は橋下維新(都構想)と本当に戦うのか? 
 平成26(2014)年12月31日

安倍首相の争点隠しに波長を合わせた共産党
     平成26年12月28日

今回の選挙結果をどう見る
平成26(2014)年12月25日

 相変わらずダメな高槻民報の選挙報道   
平成26(2014)年12月19日

 総選挙総括第一弾(沖縄県民の戦いから学ぶべき)
 平成26(2014)年12月15日

 共産党予定候補者の二中総への理解度を見る。
  平成26(2014)年12月1日

 共産党2中総「五つの転換」をぶち壊す地方の実態      平成26(2014)年11月29日

 相変わらず間の抜けた共産党の選挙政策(2中総)    
 平成26(2014)年11月27日

 衆議院選挙の争点は何か
 平成26(2014)年11月24日

「米中首脳会談」・・赤旗の政治力の無さが浮かび上がる。  平成26(2014)年11月14日

gataro氏の投げたブーメランはどこに帰ってくるのか
      平成26年11月6日

従軍慰安婦問題」赤旗の主張を批判する      
  平成26(2014)年9月29日

蚊帳の外に置かれ、ほっかむりする共産党(従軍慰安婦問題)          
 平成26(2014)年9月13日

ふたたび帝国の慰安婦」             
       平成26年9月8日

帝国の慰安婦」ダイジェスト版を読む       
       平成26年9月6日


 高槻市会議員団の「政治資料」について   
  平成26(2014)年8月24日

 従軍慰安婦報道と赤旗新聞
              
 平成26(2014)年8月18日

 東京中野区議会・共産党議員辞職について 
      平成26年7月21日

 東京都議会議「人権侵害ヤジ」第2弾  
       平成26年7月18日

 滋賀県知事選挙における赤旗報道の偏光について
      平成26年7月18日


 東京都議会議員、大阪府会議員 オウンゴール連発                
       平成26年7月3日

 東京都議会議員の「人権侵害ヤジ」について  
      平成26年6月28日

大坂府会議員団長宮原たけし氏の馬鹿げた主張 

      平成26年6月9日


 赤旗新聞の劣化は目を見張るばかり-第2弾   
      平成26年5月19日

 赤旗新聞の劣化は目を見張るばかり        
      平成26年5月19日

相変わらずマヌケな大坂民主新報     

      平成26年4月5日


 小ネタ集:ここまで来たか(赤旗とさざなみ通信)
      平成26年2月11日

STAP細胞発見者の小保方晴子さんの魅力と共産党              
       平成26年2月2日

大阪府委員会、高槻・島本委員会の馬鹿さ加減に際限はない。       

     平成26年1月30日


 共産党第26回大会代議員の発言        
      平成26年1月16日

 赤旗の春闘記事に「賃上げ要求」が一言もない 
      平成26年1月13日

程永華・中国大使の寄稿文を支持する             平成25年12月31日

 銃弾1万発提供は何を明らかにしたのか      
     平成25年12月29日

 反米・反基地を放棄した共産党?           
     平成25年12月19日

 高槻市会議員団の「政治資料」のお粗末さ   
          平成25年12月16日

小ネタ集 @猪瀬問題 Aマンデラ大統領と朴大統領・中国の違い    
     平成25年12月12日

 共産党第26回大会決議案批判(第6回)    
      平成25年12月9日

 共産党第26回大会決議案批判(第5回)    
      平成25年12月2日

 共産党第26回大会決議案批判(第4回)    
      平成25年11月30日

 共産党第26回大会決議案批判(第3回)    
      平成25年11月25日

 共産党第26回大会決議案批判(第2回)    
      平成25年11月21日

どうしようもない大阪府会議員団の「府会報告」 

    平成25年11月21日


 共産党第26回大会決議案批判(第1回)    
      平成25年11月19日

 赤旗を読む  
      平成25年11月11日

 政治的対決を避けて党の前進は勝ち取れない   
      平成25年10月21日

 頭宣伝での5枚のビラ追加          
        平成25年10月13日

 頭宣伝での政治的意義について      
           平成25年10月3日

第八回中央委員会総会決議案について    
       平成25年9月27日

茨城県議会補選筑西選挙区の勝利は画期的    
       平成25年9月22日

2020年東京オリンピック開催をどう捉えるか    
       平成25年9月12日


 参議院選挙結果について!        
       平成25年7月26日

 東京都議会選挙の結果について!        
        平成25年6月29

 相も変わらず、共産党のマヌケさをさらけ出す! 
           平成25年6月10日

 7中総批判第2弾  
       平成25年6月3日

 赤旗は橋下氏と本当に戦っているのか?   
       平成25年5月31日

 橋下氏と安倍氏は瓜二つ              
       平成25年5月26日

 「96」と「731」と戦車               
       平成25年5月20日

 橋下氏の「慰安婦は必要だった」の真意は何か  
       平成25年5月19日

 共産党七中総批判                 
       平成25年5月13日

 4.14神戸討論集会              
       平成25年4月15日

 猜疑心の塊になった共産党              
       平成25年4月4日

 東大地震研「立川断層」調査で致命的な誤り!
       平成25年4月1日

共産党は天邪鬼  
     平成25年3月18日


 中国は本当に社会主義をめざすのか?       
       平成25年3月18日

 日本共産党中央委員会への手紙(メール)                  
       平成25年2月25日

 北朝鮮と中国 日本にとっての脅威はどっち?   
       平成25年2月15日

 6中総の問題点                  
       平成25年2月12日

 大津・中2自殺事件第9弾            
       平成25年2月9日

大阪民主新報の小賢しい悪意。                       平成25年2月4日


 大津・中2自殺事件第8弾            
       平成25年2月3日

茨木市市会議員選挙は惨敗に終わった。  
     平成25年1月31日


 マヌケな姿をさらし、立場性を失った赤旗
       平成25年1月28日

 無神経な赤旗記事−人質9人帰国(赤旗の見出し) 
       平成25年1月28日

 赤旗のスポーツ報道、これって正しいの?   
       平成25年1月24日

ついに出た共産党の見解、やっぱりダメだった。
       25年1月20日


マヌケな大阪民主新報
       25年1月19日


大島渚監督の死亡報道に接して       

       25年1月17日


 中国の実態を覆い隠す赤旗に未来はない。
      平成25年1月14日

 選挙戦の勝敗をどう見るのか?           
       平成25年1月12日

 「参院選勝利へ”三つの国民的役割”発揮を」を批判する            
       平成25年1月7日

・・・以下平成24(2012)年・・・

選挙戦の総括は誰もが納
得できるののを! 
        24年12月30日


 総選挙総括の視点
 共産党はなぜ敗北したのか。     平成24年12月27日

 高槻市委員会、相変わらず馬鹿げた資料を連発
          平成24年12月24日

 共産党は選挙でなぜ勝てないのか? 番外編
      平成24年12月22日

 共産党はなぜ選挙大敗したのか?          
            平成24年12月20日

 共産党はなぜ選挙に勝てないのか? 第3弾                 平成24年12月17日

 自らの「宝」に気付かなかった共産党                       平成24年12月17日

 共産党は選挙でなぜ勝てないのか? 第2弾 
            平成24年12月1日

 スカイマーク後日談(赤ちゃんの鳴き声)
          11月26日

 中国、幼稚園運動会での驚くべき姿 
           11月26日

 大津・中2自殺事件余話第七弾          
         24年11月23日

 ついに「カルト化」した共産党?                    平成24年11月22日

 「脱原発」と「原発ゼロ」とは何が違うのか?   
            平成24年11月19日

自分の立ち位置が分からなくなった共産党     
           平成24年11月18日

 11・11全国いっせい行動の呼びかけはなんだったのか?      平成24年11月17日

 吉井議員が赤旗紙面から消える?            
      平成24年11月15日

 古都京都の学生が見せた善意の輪
         24年11月12日

共産党がネットの活用?          24年11月1日


怪しげなビラを発行する共産党          11月1日

 3.11大震災は、共産党もメルトダウンしてしまった。 
            10月29日

改めて問う、全選挙区立候補は正しいのか?
                         10月26日

 共産党と宮内庁(ひちりき)             
                         10月26日

 共産党の尖閣列島問題の
方針を切る!   
            10月7日

まちがいだらけの共産党NO.3
共産党13の大罪   
            10月6日

賞味期限切れビラを駅頭で撒く政治的鈍感さ! 
                         10月4日

まちがいだらけの共産党NO.2
共産党13の大罪   
            10月4日

 まちがいだらけの共産党NO.1
共産党13の大罪   
            10月1日

 尖閣列島を争点とするおろかさ           9月22日

新たな原発政策ー運動の前進か分裂か?    9月16日

なぜ和泉市議会選挙は  (12.03%〜9.86%)になったのか     24年9月13日


  共産党は選挙でなぜ勝てないのか no.2     9月10日

  共産党は選挙でなぜ勝てないのか no.1      9月8日

 第三者委員会の設置要綱は正しいのか?

 真相究明に蓋をする設置要綱   平成24年8月27日


 選挙は争点を描き出した者が勝利する。   8月25日


大津教育長襲われが・・・マスコミの無責任さが招いた結果  24年8月21日


なぜ箕面市議会選挙は惨敗したか(4名から2名へ

        24年8月19日


 教育評論家尾木直樹(尾木ママ)という人物  共産党系の教育評論家として脚光を浴びる。       24年8月6日

資料19「私の投稿に対する不可解なコメント」・・・これは悪意だ!        24年8月6日

資料18「大津中2自殺事件」の投稿を没にしたさざ波通信
           24年8月2日

 大津 中2自殺事件 共産党沈黙を破る    7月23日

 赤旗拡大の体験談「もういい加減にしてくれ」という内容
          24年7月23日

 赤旗の間抜けさは、「福島・早生モモの出荷始まる」でも
            7月23日

赤旗は「大津・中2自殺事件」を全く取り上げない。
            7月23日

資料17選挙戦で勝敗を決するカギ何か
 鹿児島知事選挙はそのことを教えている。     7月17日

資料16赤旗は、外国人(選挙権が無い)の人権に無関心である。    選挙至上主義も「ここに極まれり」か?   7月17日

 赤旗は、驚く記事ばかり!(資料15)
                          7月2日

 一紙で間に合うは本当
              6月29日

 相変わらずひどい市委員会
             6月29日

 「大運動」は成功しているのか
             6月25日

 共産党の原子力政策・いまだに揺れ動いている(資料14)
             6月18日

 サッカーと赤旗報道
ここでも政治的音痴を露呈
             6月15日

「さよなら原発1千万署名
    赤旗報道の姑息さを笑う
                           6月15日

 だけ番長の共産党
  片山さつき議員と比較して
            6月12日

 スカイマークと共産党
   どちらに正義があるのか
            6月11日

 共産党の正体見たり
            6月11日

 コネタ集(3題)
.前衛性を放棄した共産党
.共産党の足し算
3.大阪民主新報の間抜けさ
            6月10日 

 原発再稼働を報じる赤旗・間抜けた姿を露呈(資料13)
             6月4日

 高槻市委員会の馬鹿さ加減を暴露する
            5月27日

 全選挙区に立候補は正しいのか
            5月26日  

 共産党に橋下氏を批判する資格があるのか?(資料12)
            5月14日

 ばっかじゃなかろうか共産党(資料11)
             5月1日 

 北朝鮮衛星(ロケット)・・バカげた赤旗報道(資料10)
            4月16日

 反ハッシズム統一戦線を(資料9)
            4月16日  

 外交の基本(よもやま話)
(共産党が投げ捨てたもの)
             4月7日

 北「ロケット」発射中止を求める(資料8)
             4月2日

 橋下市長「全原発廃止」へ
            3月21日

 橋下氏・石原氏と共産党
            3月18日 

 政党交付金を獲得せよ(資料7)
             3月13日

 共産党と徳川埋蔵金
             3月13日

 府会議員団長のMレポート
             3月11日

 橋下と共産党(橋下に軍配)
             3月4日

 またも出ました大阪府会議員団長「ボケた主張」
             2月27日

 知識人の思想改造?
           2月19日

 京都市長選挙の総括(資料6)
           2月13日

 いろいろ教えていただいてありがとうございます(資料5)
            2月8日  

 また「おかしなビラ」見つけた!
            1月29日

 「正義の味方 真実の友」
            1月25日

 「共産党の前衛性をどう評 するか」(資料4)
            1月25日

 大阪ダブル選挙総括(資料3
            1月11日

 上記 24年記事一覧



  当ホームページは、共産党の現在の問題点を指摘し、その克服を目指すべき課題を模索するものです。(他の共産党批判サイトとは差別化(※)を図っています。)厳しい指摘もしていますが、あくまで共産党の躍進の課題という視点から見ています。
 このサイト内には、資料室(大阪ダブル選挙、さざ波通信投稿分、15通の意見書)、よもやま話(すこしくだけたもの)、大阪府委員会や高槻市委員会の問題点などローカルな話題も取り上げています。
 最新の記事は、右端に一覧表を載せていますので、クリックしていただければそこへ飛んでいきます。

 掲載している記事はすべて長文で読みにくいと思いますが、2〜3読んでいただければ、このサイトの言わんとしていることが分かると思います。

 随時更新をしていきますので、よろしくお願いします。

                                                                   エガリテ

※:従来の共産党批判は、共産党の現在のあり姿を正確に描き出すことをせず
  に、謀略的な意図を持った攻撃が主流でした。これらの攻撃は戦前ならいざ
  知らず、現在の情報化社会では、その嘘を見抜かれ、意味のないものなっ 
  ています。

   このサイトでは、共産党の主張を正確に捉え、その上での批判を行ってい
  ます。その基本的視点は、マルクス・レーニン主義からの逸脱(国家権力と 
  戦うことを忘れたという意味で)と、日本における民主主義の成熟に取り残さ
  れ、国民政党としてもの立ち遅れた姿(組織原則や赤旗拡大至上主義)
    です。


★ 特 集 12
★志位声明・談話特集

 最近「志位声明」や「志位談話」が目立ちますが、あれ、これが共産党の立場かと疑いたくなるものが沢山あります。いつの間にか、安倍首相より右翼的な発言(?)が見られます。以下志位発言批判の一覧をまとめてみました。


 北「ロケット」発射中止を求める(資料8)
                          平成24(2012)年4月2日


志位委員長の「イスラム国」糾弾声明は致命的な欠陥を持つ
                         平成27(2015)年2月5日


パリ同時多発テロに対する志位談話は、根本的に間違っている。                                  
                    平成27(2015)年12月12日


 根本問題は象徴天皇制は立憲君主制の一種と見るか否かである。 
                                       
                          平成27(2015)年12月29日


「慰安婦」問題日韓が合意(赤旗)の志位委員長の談話の問題点                                     
                     平成27(2015)年12月30日

 

北朝鮮の核実験に対する「志位声明」を批判する 
                                                                 
                                         平成27(2016)年1月7日




★ 特 集 11★2015年大阪ダブル選挙
 大阪ダブル選挙は「反維新勢力」の惨敗に終わりました。なぜここまで惨敗に終わったのか、また共産党の選挙総括の問題点、さらには選挙結果と「国民連政権」との関連に言及しています。


 維新政治と戦わず、自民党の金魚の糞になった大阪の共産党                                                               

                       平成27年10月22日


 大阪ダブル選挙、維新派優勢の選挙情勢    

                       平成27年11月16日


大阪ダブル選挙、反維新候補が惨敗・・どうしてこういう結果になるのか?
                  平成27(2015)年11月23日


大阪ダブル選挙と共産党の選挙総括    
                  平成27(2015)年11月26日


大阪ダブル選挙は、「国民連合政府」の提案を吹っ飛ばす程の激震であった。
                  平成27(2015)年11月29日


★ 特 集 10★2015年一斉地方選挙
 一斉地方選挙、共産党は議席数・得票率とも伸ばした。当中央は大勝利と見ているが、果たしてそれは正しいであろうか?


第三弾:一斉地方選挙の総括の視点・・共産党は本当に大勝したのか?   
                              平成27(2015)年5月2日


  一斉地方選挙で共産党は果たして大勝利を勝ち取ったのか?  
                            平成27(2015)年4月27日


   今回の選挙結果をどう見るか             
                         平成27(2015)年3月29日


   共産党のお人好しさと橋下市長の強かさ          
                              平成27(2015)年4月4日


★ 特 集 9★「イスラム国」

 「イスラム国」によって日本人二人が拘束され殺害警告がなされ
た。この事態を引き起こしたのは、安倍首相がエジプトで「イスラム国」を敵視し、有志連合の一員として戦うかのような挑発を行った。

 しかし、共産党はこれを批判せず安倍首相の応援団になった。


パリ同時多発テロに対する志位談話は根本的に間違っている。                                         
                  平成27(2015)年12月12日


 志位「声明」の愚かしさを浮かび上がらせる中学三年生の投稿(毎日新聞) 
                      平成27(2015)年3月8日


     しんぶん赤旗から「イスラム国」が消えた!    
                        平成27(2015)年2月23日


   大衆団体からも見放された志位「声明」    
                                                 平成27(2015)年2月20日


 第二弾 「イスラム国」問題 しんぶん赤旗の記事は矛盾だらけ                                     
                        平成27(2015)年2月15日


  「イスラム国」問題 しんぶん赤旗の記事は矛盾だらけ 
                        平成27(2015)年2月12日


       志位委員長の安倍政権支持は確信犯     
                        平成27(2015)年2月11日


  志位委員長の「イスラム国」糾弾声明は致命的な欠陥を持つ                                    
                        平成27(2015)年2月5日


   一夜にして右傾化した日本共産党      
                        平成27(2015)年2月2日


   志位委員長を降格させ池内沙織議員を委員長に!   
                        平成27(2015)年2月1日


 gataro氏の苦悩を見れば、共産党の変質が良くわかる。 
                       平成27(2015)年2月1日


   イスラム国による殺害警告について国内世論と共産党                          平成27(2015)年1月25日


   イスラム国による日本人2人殺害警告と赤旗の主張                           平成27(2015)年1月22日


★ 特 集 8★2014年衆議院選挙
  日本共産党はこの選挙を「安倍政権の暴走ストップ日本の政治の「五つの転換」と位置づけて戦います。(2中総)

  しかし実際の戦いは、消費税10%反対にとどまり、安倍政権と真正面から戦うのでなく、争点ずらしのような戦いになっています。


   衆議院選挙の争点は何か                
                       平成26(2014)年11月24日


   相変わらず間の抜けた共産党の選挙政策(2中総) 
                       平成26(2014)年11月27日


   共産党2中総「五つの転換」をぶち壊す地方の実態   
                       平成26(2014)年11月29日


  共産党予定候補者の二中総への理解度を見る。
                        平成26(2014)年12月1日


     総選挙総括第一弾(沖縄県民の戦いから学ぶべき)
                                                  平成26(2014)年12月15日


   相変わらずダメな高槻民報の選挙報道   
                      平成26(2014)年12月19日


   今回の選挙結果をどう見るか             
                       平成26(2014)年12月25日


   安倍首相の争点隠しに波長を合わせた共産党
                          平成26年12月28日


 討論の広場
 ◎「自民の土俵で闘う共産党」                 元党員 B    
 ◎選挙戦の争点が定まらない共産党             エガリテ
 ◎資本主義の終焉の観点は皆無(2中総)         黒岩 洋祐    
 ◎共産党はどこへ向かおうとしているのでしょうか?   エガリテ

★ 特 集 7★ 従軍慰安婦 
  朝日新聞が従軍慰安婦の強制連行の歴史的証言者で吉田清治氏の発言が虚言であったことを認め、過去の16本の記事を取り消しました。共産党はこれに対してダンマリを決め込んでいますが、その行為は政治的に許されるのでしょうか。韓国の大学教授 朴祐河氏の帝国の慰安婦を参考に、この問題の本質を付く。


   従軍慰安婦報道と赤旗新聞              
                        平成26(2014)年8月18日


   「帝国の慰安婦」ダイジェスト版を読む       
                       平成26(2014)年9月6日


   ふたたび帝国の慰安婦」             
                       平成26(2014)年9月8日


  「従軍慰安婦問題」赤旗(9/27)の主張を批判する  
                         平成26(2014)年9月28日


 討論の広場
従軍慰安婦問題で朝日の対応に対して共産党の動きが鈍い   松本 陽
赤旗新聞は『嫌韓風潮反対!』一大キャンペーンを行うべき!  松本 陽
『嫌韓風潮反対!』には賛成だが、朴大統領の『反日』にも反対  エガリテ
従軍慰安婦問題 帝国主義戦争を肯定するか批判するかの別れ目 弥生
従軍慰安婦問題は重要だが、強制連行の有無など再検討が必要 エガリテ


★ 特 集 6★ 議員の資質 
  最近地方議会の議員の資質が話題になっています。この問題に世間が注目始めたのは、兵庫県議会の野々村議員の記者会見でした。しかし、問題議員は彼だけでありません。そこで東京都の人権侵害やじや、中野区会議員の「死ね」発言を検討してみました。


  東京中野区議会・共産党議員辞職について 
                        平成26(2014)年7月21日


   東京都議会議員、大阪府会議員 オウンゴール連発  
                         平成26(2014)年7月3日


   東京都議会議員の「人権侵害ヤジ」について  
                        平成26(2014)年6月28日


  大坂府会議員団長宮原たけし氏の馬鹿げた主張 

                      平成26(2014)年6月9日


★ 特 集 5★  26回大会決定批判
 26回大会決定批判を第一章から第6章まで六回に渡って連載します。中国や韓国に対する外交姿勢の整理が必要ではないかと迫っています。中国は本当に社会主義を目指しているのか、韓国の歴史認識論を本当に受け止める必要があるのかなどを書いています。


  共産党第26回大会決議案批判(第6回)    
                              平成25年12月9日


  共産党第26回大会決議案批判(第5回)    
                              平成25年12月2日


  共産党第26回大会決議案批判(第4回)    
                              平成25年11月30日


   共産党第26回大会決議案批判(第3回)    
                              平成25年11月25日


   共産党第26回大会決議案批判(第2回)    
                              平成25年11月21日


   共産党第26回大会決議案批判(第1回)    
                              平成25年11月19日

★ 特 集 4★  総選挙特集です。
  最近に書いたのが、「茨城県議会補選筑西区の勝利は画期的」です。この選挙は自共対決を制したものか。あるいは第三期高揚期を暗示するものか検証しています。

 茨城県議会補選筑西選挙区の勝利は画期的             
        自共対決が現実のものになったのか!!
                                    平成25年9月22日

   
 参議院選挙結は大勝利!        
       しかし、違った視点からの総括も必要。            
                                     平成25年7月26日


  東京都議会選挙の結果について!        
      一言でいえば久しぶりの大勝利である。
                   ただし、多くの問題も内包している
                                     平成25年6月29


 選挙戦の勝敗をどう見るのか?           
   衆議院選挙結果をの敗北を覆い隠す共産党幹部の卑劣さ
                          平成25(2013)年1月12日


 2013年党旗びらき 志位委員長あいさつ              
  ★「参院選勝利へ”三つの国民的役割”発揮を」を批判する 
                          平成25(2013)年1月7日


  ★総選挙の総括は、誰れもが納得できるものを!   

     大阪府委員会 山口勝利委員長の談話は正しいのか?

                       平成24(2012)年12月30日


   総選挙総括の視点
      共産党はなぜ敗北したのか。            
                                    平成24(2012)年12月27日     

    高槻市委員会、相変わらず馬鹿げた資料を連発 
                                        平成24(2012)年12月24日

     共産党は選挙でなぜ勝てないのか? 番外編
                                    平成24(2012)年12月22日

   共産党はなぜ選挙大敗したのか?          
                                          平成24(2012)年12月20日

    ★共産党はなぜ選挙に勝てないのか? 第3弾                                                                    平成24(2012)年12月17日

    ★自らの「宝」に気付かなかった共産党             
                                    平成24(2012)年12月17日


★ 特 集 3★

まちがいだらけの共産党(共産党に花は二度と咲かない) 
この文書は長いので3回に分けてUPします。

まちがいだらけの共産党(共産党に花は二度と咲かない) NO.3

                             平成24(2012)年10月6日

 日本共産党13の大罪・・・・国民から完全にみはなされる日は近い。


     まちがいだらけの共産党(共産党に花は二度と咲かない) NO.2                             平成24(2012)年10月4日

 日本共産党13の大罪・・・・国民から完全にみはなされる日は近い。


   まちがいだらけの共産党(共産党に花は二度と咲かない) NO.1                                 平成24(2012)年10月1日 日本共産党13の大罪・・・・国民から完全にみはなされる日は近い。


★ 特 集 2★

共産党は選挙でなぜ勝てないのか?

  ★共産党はなぜ選挙に勝てないのか? 第3弾      
                        平成24(2012)年12月17日

  ★共産党は選挙でなで勝てないのか? 第2弾  

      高槻市の実態から発信  もう恥さらしはやめるべきだ!

                                             平成24(2012)年12月1日


  ★共産党は選挙でなで勝てないのか? NO.2 9月10日

    共産党は革命政党である。戦う国民とのつながりを求めず、

         保守との共同路線は、

         幹部請負主義であり、改良主義への堕落だ!


  ★共産党は選挙でなぜ勝てないのか? NO.1   9月8日 

   来るべき総選挙で共産党は必ず敗北する。(これ私の予言) 
   共産党の主張する「選挙に勝つカギは何か」から推論すれば。



★ 特 集 1★

大津・岩手中2いじめ自殺事件

 この特集は、「大津・中2自殺事件」の特集でしたが。岩手で同じような事件が発生しましたので、岩手問題を追加していきます。

 「岩手いじめ自殺事件」第1弾
 「岩手いじめ自殺事件」は「大津いじめ自殺事件」と同じような様相を示してきた。                        
                     平成27(2015)年8月17日


 「大津・中2自殺事件」第9弾です。            

   毎日新聞「自殺には「謎」が残る」・・・これが正しい。
  教職員組合は、「やっぱり学校が見殺し」という主張と戦うべき

                           平成25(2013)年2月9日



 「大津・中2自殺事件」第8弾です            

   「教育の森」の毎日新聞は死んだのか?
    マスメディアは、第三者委員会の報告をどのように報道したか

                           平成25(2013)年2月3日



  「大津・中2自殺事件余話」第7段です。          
                                          平成24(2012)年11月23日

 「大津・中2自殺事件」第6弾です。
    第三者委員会の設置要綱は正しいのか?

               真の真相究明に蓋をする設置要綱   平成24年8月27日



 「大津・中2自殺事件」第5弾です。
   大津教育長襲われけが・・・マスコミの無責任さが招いた結果

         「大津事件から教師集団は何を学んだのか」

        (全教アピール批判)          平成24年8月21日


 「大津・中2自殺事件」第4弾です。・・・長文です。
  基本的主張は変わっていませんが、Newsweekの日本版がこの
事件を正しく伝えていることと、共産党の宮本岳志氏が国会で一般マ 
スコミよりひどい質問をしていることを発見しました。  平成24年8月6日

 「大津・中2自殺事件」第3弾です。          平成24年8月6日
  この文書は、さざ波通信の一方的な悪意に満ちた管理人コメントに
 対する反論と抗議文書です。(さざ波通信との決裂宣言です。)
 この文書は彼らのサイトに掲載してくれました。紳士的な対応です。

「大津・中2自殺事件」第2弾です           平成24年8月2日
  この文書は「さざ波通信」に投稿した抗議文です。これは掲載され
ましたが悪意のコメントを貼り付けました。大人気ない対応です。

「大津・中2自殺事件」を取り上げました。重要記事
  赤旗は全く取り上げません。不可解です。さざなみ通信も投稿しまし
たが掲載拒否です。                    平成24年7月23日

サ イ ト 内 道 案 内

 
  このサイト内には膨大な文書があります。そこで迷子になら
ないように、サイト内の散歩コースを以下に列挙してみました。

 すべての記事は関連しており、全部読めば消化不良にいた
ります。(同じ主張が結構出てきます。これはどこから入られて
も私の言わんとしていることを理解していただくためです)その
点のご理解をよろしくお願いします。

 このサイトの最近の注目記事を読・・・・んでみる
             ・・・・・・ 従軍慰安婦報道と赤旗新聞            
        ・・・・・・ 東京中野区議会・共産党議員辞職について   
       ・・・・・・ 東京都議会議員の「人権侵害ヤジ」について    
        ・・・・・・・程永華・中日大使の寄稿文を支持する      
                  ・・・・・・反米・反基地闘争を放棄したのか?        
       ・・・・・共産党第26回大会決議案批判(第1回〜第6回)
         ・・・・・・8中総の問題点                   
        ・・・・・・茨城県議会補選筑西区の勝利は画期的なもの 
                    

 こいつは、何者か気になる?
      ・・・・・・・・・プロフィール資料室(「意見書」)外国人の人権

 なぜこのサイトを立ち上げたのか?
      ・・・・・・・・プロフィール→(なぜこのサイトを立ち上げたのか)

 このサイトの主張は何か
      ・・・・・資料室(さざ波通信投稿分)、 (「15通の意見書」)

 文書が長くて難しい
         ・・・・・古都京都の学生が見せた善意の輪
          ・・・・・「スカイマークと共産党」「サッカーと赤旗報道」
                 ・・・・・赤旗の間抜けさは、「福島早生モモ出荷始まる」でも

 共産党の原子力政策は何か?
      ・・・・・・・・「共産党の原子力政策はいまだ 揺れ動いている」
      ・・・・・・・資料室(「15通意見書」)意見書2番8番12番14番

 どうして共産党を”バカ”と誹謗するのですか?
          ・・・・・・高槻市委員会→バカ10連発大阪府委員会

 橋下・「維新の会」の評価は?
      ・・・・・・・資料室「意見書11」 「橋下と共産党
          「橋下氏・石原氏と共産党」 、「反ハッシズム統一戦線」

 共産党の外交政策
    ・・・・共産党の尖閣列島の方針を切る
    ・・・・・資料室(さざ波通信投稿分:北朝鮮「衛星」ロケット)
    ・・・・・よもやま話(外交の基本)

 共産党改革のための提言は?
  ・・・まちがいだらけの共産党NO.1NO.2NO.3
  ・・・資料室(さざ波通信投稿分:政党交付金を獲得せよ)(「意見書15」)

 最近の方針「8中総」や「大運動」をどう評価するか?
     ・・・8中総の問題点                                               
    ・・・7中総批判第2弾                       
   ・・・・7中総の問題点                        
   ・・・・・6中総の問題点
   ・・・・・資料室(さざ波通信投稿分:四中総は再生のバネになりえるか?)
   ・・・ 「大運動は成功しているのか」

 共産党の原発政策・運動論
   ・・・・・4.14神戸討論集会(とめよう壊憲!護憲結集!討論集会!)   ・・・・・自らの「宝」に気付かなかった共産党
   ・・・・・11・11全国いっせい行動の呼びかけは何だったのか?
   ・・・・・吉井議員が赤旗紙面から消える?
   ・・・・・「脱原発」と「原発ゼロ」は何が違うのか?